ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2000年も前のハスが甦る

上野駅は北の玄関口だったのはもう大分昔のことになる
新幹線も始発駅は東京起点となって久しい
東北、上越、北陸、秋田、山形 の各新幹線は
大宮駅までは同じ線路を走る。
大宮駅を過ぎて東北方面と上越・北陸方面の分岐がある
そこは埼玉県上尾市の外れにあたる

と 書いたが、今日は新幹線の話ではない。

ここに広大な沼地があり、野鳥や湿生植物の宝庫となっている
とはいっても最近は開発が進み、住宅地も広がっているようではあるが・・・

沼地の一角で古代ハスを見ることができる。
原市沼です。

埼玉県では北部の行田市の古代ハス(行田蓮)がよく知られている。
古来、蓮の花が咲いていたという文献があり、その蓮の復元をしようと
行田市より古代ハスの種を譲り受け、育成の努力をし、
現在に至ったという。
現在は「原市沼を愛する会」の方々の努力により守られ、
毎年素晴らしい花を咲かせています。

梅雨もそろそろ明けそうな早朝出かけてみた
ハスの花は6時ごろから9時ごろが見ごろで、
昼頃には花は閉じてしまうという。

e0175614_16554716.jpg
e0175614_16555971.jpg
e0175614_16560822.jpg
e0175614_16561318.jpg
e0175614_16562397.jpg
e0175614_16562969.jpg
e0175614_16563586.jpg
e0175614_16565471.jpg








[PR]
by peke001 | 2016-07-18 16:59
<< 中学生・高校生と一緒に 小暑、七夕なのに >>