ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

中学生・高校生と一緒に

この日は二つのコンサートを楽しんだ

というよりも三部構成でした


第一部は文京シビック小ホールでe0175614_15565067.jpgランチタイムコンサート
プロとしても活躍している新人ピアニスト
岡田 奏 さん
お昼のひと時素敵なコンサートでした。

ショパン:幻想即興曲
ショパン:小犬のワルツ
ベートーヴェン:ピアノソナタ第14番「月光」


時間にして45分でしたが、よく知る曲の聴きごたえのあるピアノソロでした。
そして、これが無料でした。

このコンサート終了後は赤坂へ移動でした。
次はサントリーホールです。

この日の第二部です
こちらのコンサートは、ちょとお変わったコンサートです。

「はじめてのクラシック2016」
  ~中学生・高校生のために~e0175614_15580095.jpg

タイトルでおわかりの通り子供たちのクラシック入門コンサートです
したがって観客は7割くらい、学生たちに割り振られていました。
それでも一般にも発売があり、発売開始日の発売開始時間に電話やネットで受け付けていましたが10分程度で完売となったようです。
実は、ここ二年ばかり購入できなく、今年はうまく買うことが出来ました。
そして子供たちと音楽の勉強をしながら楽しむことが出来ました。

何故そんなに人気なのか???
それは料金です。
全席1000円なんです

指揮:小林研一郎
ピアノ:反田恭平
管弦楽:東京交響楽団

演奏曲目
グリンカ オペラ「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番
ドボルザーク 交響曲第9番「新世界から」

多くの企業からの協賛などで運営しているようです、
このような企画で子供たちに豊かな心が育つと良いですね。

さて、次は第三部です

コンサート会場から近い飲み屋さんで
久しぶりに年寄り4人でワイワイと。
そんな一日でした。

この日のサントリーホールでのコンサートは
8月23日(火)よる7時 BS朝日で放送されます。
よろしかったら、どうぞ








by peke001 | 2016-07-29 15:53

2000年も前のハスが甦る

上野駅は北の玄関口だったのはもう大分昔のことになる
新幹線も始発駅は東京起点となって久しい
東北、上越、北陸、秋田、山形 の各新幹線は
大宮駅までは同じ線路を走る。
大宮駅を過ぎて東北方面と上越・北陸方面の分岐がある
そこは埼玉県上尾市の外れにあたる

と 書いたが、今日は新幹線の話ではない。

ここに広大な沼地があり、野鳥や湿生植物の宝庫となっている
とはいっても最近は開発が進み、住宅地も広がっているようではあるが・・・

沼地の一角で古代ハスを見ることができる。
原市沼です。

埼玉県では北部の行田市の古代ハス(行田蓮)がよく知られている。
古来、蓮の花が咲いていたという文献があり、その蓮の復元をしようと
行田市より古代ハスの種を譲り受け、育成の努力をし、
現在に至ったという。
現在は「原市沼を愛する会」の方々の努力により守られ、
毎年素晴らしい花を咲かせています。

梅雨もそろそろ明けそうな早朝出かけてみた
ハスの花は6時ごろから9時ごろが見ごろで、
昼頃には花は閉じてしまうという。

e0175614_16554716.jpg
e0175614_16555971.jpg
e0175614_16560822.jpg
e0175614_16561318.jpg
e0175614_16562397.jpg
e0175614_16562969.jpg
e0175614_16563586.jpg
e0175614_16565471.jpg








by peke001 | 2016-07-18 16:59

小暑、七夕なのに

今日 7月7日は二十四節気の「小暑」
これから暑くなります・・・といったところでしょう
が・・・
なんと今年一番の暑さだ。
わが越谷は 36度
都内ではもっと暑いところもあったという

こんな時はジッとしているに限る
暑い寒い、雨だ雪だ、関係ない・・・
仕事だ!
そんな昔が懐かしくもあるが、


暑くて表に出られないので・・・・
下手な絵でご勘弁を。

そうそう、今日は七夕でしたね。
そして、週末は浅草ほうずき市です。

e0175614_19072516.jpg


短冊にお願いを書いてください

e0175614_19111278.jpg




by peke001 | 2016-07-07 19:08

カワセミの羽繕い

ワセミといえば翡翠(ヒスイ)
文字もそうですが色もまた連想できますね
その姿は結構かっこいい、
ツンとすまして上を向いたり
時には水面を厳しい目で見下ろす
そして、ホバリングからダイビング

ときには

こんな姿も時には見せてくれますね。

e0175614_19162247.jpg
e0175614_19164116.jpg
e0175614_19163598.jpg
e0175614_19165297.jpg
e0175614_19164717.jpg
e0175614_19162962.jpg






by peke001 | 2016-07-01 19:18