ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001


<   2015年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ありがとうございました

2015年も間もなく終わります
皆さんにとって素敵な一年だったでしょうか
毎日のようにブログを投稿されている方は
常にアンテナを張り巡らし、目で見て感じてカメラに収めて
有意義に送られたことと思います。
ペケちゃんのブログは途切れ途切れで
皆さんのご迷惑をおかけしながら
何とかやってくることが出来ました。
ありがとうございました。

今年は 絵手紙のいたずらを始め
後半は水墨画をかじり始めました
年間を通しては、音楽三昧といった
なんとも贅沢な一年だったと思います。

e0175614_10142703.jpg

これからはなかなか飛躍とはいかないかもしれませんが
少しでも前に進めればと思っています。
低空をゆっくりと飛ぶように・・・

来年もよろしくお願いいたします

皆さんよいお年をお迎えください。


by peke001 | 2015-12-31 10:15

神社の芸術

群馬県は鶴が舞う形をしています

群馬県のかるた「上毛かるた」には
鶴舞う形の群馬県 と詠まれています

その鶴の頭の部分が県の東部にあたります
そして嘴の部分が今日紹介する板倉町です

ここに地元では親しまれている「雷電神社」があります
関東では各地に雷電神社があるようですが
ここ板倉が総本山だという

そしてこの雷電神社の本殿の周囲をぐるりとご案内します

神社の彫り物は日光東照宮の三猿がとくに有名ですが
それに負けぬすばらしい芸術です
今回、順にご紹介できていませんが
ここの彫り物は四つの物語になっているとのことです

デジブックにまとめてみましたのでご覧ください

デジブック『 神社の芸術 』

http://www.digibook.net/d/89c581b7800d34e5eec78242f6bcdfb9/?m


デジブックの画面が出ましたら フルウインドウでご覧ください

by peke001 | 2015-12-25 06:35

昨日は冬至でした

今日は、この時期らしい寒い一日ですが
昨日は冬至でした
気がつけば、来週末はお正月です。
お正月もクリスマスも意識しなくなったなー

お伺いします
冬至の昨日は・・・
e0175614_12553950.jpg

by peke001 | 2015-12-23 12:59

メタセコイア

師走も下旬ともなれば葉を落とした裸木が目立つ。
木々の枝が青い空に自在の抽象画を描く。
季節風が裸のこずえを鳴らして吹けば・・・
今朝の天声人語の一節です

さすがに吹く風は冷たい、
空は抜けるような青
近くの公園に出かけた

公園は周囲をメタセコイアの大木が立ち並んでいる
赤茶色に色づいた葉も大分落ちてきた
太陽の光を受けてみるとまだまだ秋の色彩がこぼれるよう
しかし、反対側から見ると裸木のようだ

冬になると、色彩が乏しくなる
松の木やヒマラヤスギの緑が何とかそれを補ってくれる

そんな冬至の公園の風景です。

e0175614_16510694.jpg
e0175614_16512626.jpg
e0175614_16513587.jpg
e0175614_16514107.jpg
e0175614_16514754.jpg








by peke001 | 2015-12-22 16:55

石を彫る

石を彫ってみました
せっかく 曲がりなりにも水墨画を描くのなら
落款が必要と 挑戦してみました。

落款 とは 篆刻印とも言い
書道や絵画の作品にサインとして押す印章です

印材は石
彫るのは彫刻刀のような道具

文字をデザインして石に彫っていくのです

印ですので彫るのは左右逆の文字ですね
名前の一文字を篆刻文字にパソコンで変換
その文字をペイントで逆版にしました
カーボン紙をあてて文字を印の面に転写。

後は印刀で彫っていきます
石を指で持って彫るので気が抜けません
力も要り、バランスを崩すと指にグサッと・・・

石は意外と柔らかいものでした
当初は彫刻用の板などでもと思っていたが、
かえって石のほうが彫りやすいらしい。
篆刻印の石は国産はなくすべて中国産だという。

そして苦戦すること2時間位かかったが
指を切ることもなく、何とか形になりました。

e0175614_16100188.jpg
費用は 石が600円印刀400円(税別)でした



by peke001 | 2015-12-21 16:13

水墨画教室

越谷市のCITYメールが時々届く
催し物の案内や、災害時の連絡、
不審者情報からおじいちゃんが見当たらないなどなど
そんな中に、公民館で開く「水墨画教室入門」があった
三回の受講で会費は2000円。これは筆やマット、用紙の費用。
用意したのはティッシュペーパーだけ、というもの。
書道なんて、小学生時代以来だ
いや、これは書道ではない、墨を使って絵を描くのだ
出来るかなー と思いながら参加してみた。

「竹」や「野菜」「干支の猿」などをお手本を見ながら描く
なかなか上手く描けない、でも最初から描けるはずがない・・・

講師の先生はご自身で教室を持って教えており
その教室を見に行く機会があった。
その生徒に外国に方が混じっていたのにびっくり。
器用に筆を使っていた

三回の教室は終わったが、折角なのでもう少し続けてみることにした。
なにかの発見があるかもしれないと…期待して。

e0175614_15571340.jpg
初めて描いた水墨画「竹」
e0175614_15581304.jpg
外国人も一緒に

いろいろ書いたがお見せできるものはまだ無い




by peke001 | 2015-12-19 16:01

ノーベル賞 受賞おめでとうございます

先週はノーベル賞授賞式がスウェーデンで行われ
梶田隆章さん、と大村智さんのお二人には
日本中の方々に喜びを与えてくれた。

お二人は埼玉県にゆかりがあり
特に梶田さんは結婚以来約30年越谷市に住んでおられます。
そんなことから先日、越谷市名誉市民に決定されました。

また、さいたま市ではお二人を
名誉市民に推挙というニュースもありますね。

皆さんでお祝いしませんか
授賞式後の晩さん会で振舞われた日本酒
「福寿 純米吟醸」

e0175614_09200812.jpg


乾杯!


by peke001 | 2015-12-14 09:24

野田市から

野田市の清水公園の入り口に「野田貝塚」の標識が

e0175614_14220854.jpg
e0175614_14223020.jpg

縄文時代後期(約3500年前)の遺跡で、奥東京湾の東岸に発展した支谷の奥部に形成された貝塚と解説がありました。
このあたりまで東京湾だったみたいですね。

近くに「旧花野井家住宅」があった

e0175614_14230228.jpg
花野井家は、江戸時代幕府直轄の牧を管理する牧士を代々務めていました。
時折茅葺き屋根(かやぶきやね)の保護のために薪を燃して燻しています。
昭和44年に国の『重要文化財』に指定されました。
流山市 前ケ崎にあった花野井四郎氏の住宅を、昭和46年(1971)野田市が寄贈を受け清水公園の近くに移築したもので、17世紀後半のものと推定される住宅です。(HPより)

ここで言う「牧」は日本古代において、飼育や繁殖のため牛や馬を放牧しておくための区域を言うようです。
ややこしいのであとは省略。
写真を見ていただこう

e0175614_14235127.jpg
e0175614_14240310.jpg
e0175614_14242314.jpg
e0175614_14241759.jpg
e0175614_14243110.jpg






by peke001 | 2015-12-12 14:26

楽しい案山子

渡良瀬渓谷の紅葉を求めて車を走らせていた
道路の脇にのぼり旗が目につく
時計を見ると間もなく八時だ
少しより道をしても良いかな・・・
一人旅に反対者はいない。
案内表示に従って脇道に入っていく

そこは斜面を使った花畑でした

「あかぼり小菊の里」

色とりどりの丸い菊の花が整然と咲き誇っていた

斜面の上には
様々なおばさんたちが
語り合ったり笑いあったり

思わず笑顔にさせられました。

e0175614_12322146.jpg

写真、クリック拡大できます


by peke001 | 2015-12-11 12:32

お気に入りの紅葉

利根川の支流とはいえその名は全国区であろう
その昔は鉱毒事件で名をはせた渡良瀬川
最近ではその川沿いを走るわたらせ渓谷鉄道が
テレビなどでよく紹介されている
とっておきの紅葉をご覧いただこう

渡良瀬川の紅葉です

e0175614_19325814.jpg
クリックで拡大できます

by peke001 | 2015-12-10 19:26