ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

虎の門・新橋界隈

日曜の午後
赤坂から虎の門、内幸町そして新橋とぶらぶらと歩く
このあたりを歩いいたのは三十年ぶりくらいになるのだろうか
普段の移動はほとんどが地下鉄だ、
意外と車の数が少なく感じたのは日曜日だったからか
e0175614_155884.jpg


昔、新橋駅から虎の門方面を見ると大きな四角いビルが正面にドンと見えた
日本最初の超高層ビルだ、
大分前にできていたようなきがしたが、前の東京オリンピックの後に起工してオープンは1968年というからそれほど古くわないのだが、最近では話題にもならなくなってしまった。
その昔、容積の基準として、霞が関ビル何杯分と言っていたのを思い出した
今では東京ドームで数えているが・・・
懐かしくその前を歩いたが、周りのビル(会計検査院・文科省)に圧倒され超高層ビル第一号の面影はない。
e0175614_1555797.jpg
        左から霞が関ビル、会計検査院ビル、文科省ビル

虎の門の交差点脇に神社が、超高層ビルのたもとに立つ神社、金刀比羅宮(ことひらぐう)。
高層ビルは虎の門琴平タワーで社務所や神楽殿などと一体化しているという
e0175614_1581756.jpg
都会の中の神社を感じる。

新橋駅の西口SF広場はよくTVで映される
この日は古本まつりか広場全体が本で埋まっていた。
よく知られるSLも肩身が狭そうだった。

この西口広場も近く再開発されるようだ。
e0175614_1584853.jpg

by peke001 | 2015-09-29 15:14

コバケン・ワールド

またまたコンサートの話で恐縮です

東京メトロ、溜池山王駅の長い地下道を通り抜け地上に出る
その一帯がアークヒルズと呼ばれる森ビルが開発した複合施設だ。
全日空ホテル(現ANAインターコンチネンタルホテル東京)の巨大なビルの先が目的の場所です。
そうです、サントリーホールです。
e0175614_12311693.jpg

サントリーホールの入り口は広場になっており
その名は「カラヤン広場」あのヘルベルト・フォン・カラヤンからの命名ですね

年間三回実施の「コバケン・ワールド」です
小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団演奏

演奏曲目は中村紘子(ピアノ)さんによるショパン「ピアノ協奏曲第一番」でしたが
病気で入院されたことにより急きょ変更になり、千住真理子(ヴァイオリン)の演奏となりました。

コバケンのコンサートは必ず指揮者本人のお話が入ります。
演奏曲の解説や、自身や楽団の話、そしてアドリブや即興演奏など
人々を引き付けるものがあります。その辺にもコバケンファンが多くなるのでしょうね。

演奏曲目は
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ベルリオーズ:幻想交響曲
ドヴォルザーク:ユーモレスク(アンコール)

日曜の午後のコンサートでしたので終わってから
久しぶりに新橋まで歩いてみた。
ビル街の中の神社などをぶらぶらと・・・
バス停ではこんなものも表示が・・・
e0175614_1231308.jpg


バスを待つ時間もちょこっと和みますね。〈アップしてみます)
e0175614_12313963.jpg

by peke001 | 2015-09-28 12:35

おしゃべり音楽会

埼玉県川口といえば・・・・
「キューポラの町」と言えるのは我々の世代か
今では数件鋳物工場が残っているようだが、ほとんど目にすることはない。
映画の中のジュン(吉永小百合)の姿を思い出す方も多いのではないでしょうか。
その川口の町に出かけた。
e0175614_824038.jpg

駅直結の川口リリアの音楽ホールでおこなわれたちょっと変わったコンサート。
「コバケンのおしゃべり音楽会」
小林研一郎といえば「炎のコバケン」と言われる指揮者です
この日はそのコバケンがシナリオの無いようなトークで進行。
ヴァイオリン奏者の大谷康子氏とソプラノ歌手二名、ピアノ奏者
の五人によるステージでした。
普段はコンサートの指揮者は指揮はすれど話はしない、
そんなスタイルが普通だが・・・・
自らピアノを弾き、普段聞けないようなエピソードを聞かせてくれた。
年代が近いせいもあり、笑いを交えた話の内容が直に伝わってくる。

大谷康子さんは日本音楽財団より貸与されている1709年製のストラディヴァリウスでサラサーテのチゴイネルワイゼンを弾きながら、客席を回った。
目の前での生の音・・・ステージではコバケンがピアノ伴奏。
なんとも贅沢な時間でした。
e0175614_8144750.jpg
リリアホールから見た川口駅とその周辺

終了して、駅に戻ると周辺のロータリーがであふれかえっていた。
e0175614_835818.jpg

「川口ストリートジャズフェスティバル」に多くの人が・・・
ここには立ち寄らず、「らいおん」でビールとなりました。

by peke001 | 2015-09-21 08:15

彼岸に咲く花

花は季節を表す
四季のある日本では特に生活に密着している
早春の梅に始まり桜、桃
その時々が季節そのものと言っていい

秋の花も数あるが、季節の時期と咲く時期がぴったりの花
そして、その名もぴったりの花が彼岸花ではないだろうか。
初秋の花といいながらも、秋のお彼岸に時期に
必ずや合わせているかのように咲くこの花はなんとも表現力の強い花だ。
曼珠沙華と書いて「マンジュシャゲ」
山口百恵さんに言わせれば「マンジュシャカ」か

群生の美しさはすばらしいが、ひっそり咲く花もまた良いものだ。

近くの神社に出かけてみた。
お彼岸には数日早かったが、ほぼ咲きそろっていた。
夏の後半から気温が下がったためか、少し開花が早くなったようだ。

e0175614_1915114.jpg

e0175614_192621.jpg
e0175614_1921884.jpg

by peke001 | 2015-09-19 19:03

鳳凰降臨か

日が落ちるわずかの瞬間に天空は様々な表情を見せてくれる
台風18号からの低気圧の影響で常総市をはじめ関東では各地で大きな被害に見舞われている。
テレビでは生中継でこれまで見たこともない映像をこれまでも・・・と映し出している。
四年半前に見た津波が大地をなめていくような映像が忘れられないが、今回の決壊した川からの流れ込む水もまた非情なものとして感じるのは誰しもだろう。
しばらくは、泥水との戦いが続くのは避けられないが・・・・・
そんな今宵の夕暮れ時、西の空に鳳凰の姿が見えたような気がした。
被災地に羽根を伸ばしてくれていたのか、未来を感じさせる空の表情だ。

思い過ごしだ、感情移入だと言わずに・・・・
e0175614_19493881.jpg

e0175614_19435544.jpg
クリック拡大できます
by peke001 | 2015-09-12 19:45

台風18号は去ったのだが

突然の訪問者のように訪れた台風18号
発生して三日で上陸しそして消滅・・・

ところがその影響は、まだまだ続いている
関東地方を縦に連なった雨雲が居座り
50年に一度の大雨を降らせている(栃木県)
その縦の雨雲にはペケちゃんの街もお入っていました。

昨日から土砂降り
夕方一階のポストに行こうとすると
二基あるエレベーターの片方が途中の階で止まっている
電機はついているがドアは開かず全くピクリともしない
管理会社の緊急連絡先に電話して点検対応をお願いした
中に人が乗っていなかったので、まずはよかった。
結果的には今朝になっても復旧できていない
この大雨による雨水の侵入が原因だったらしい。

さて表を見ると・・・・道路には車がびっしり。
電車は止まり、あちこちの道路が冠水してしまって通行止めになっているという
マンションの前は幹線道路で、周り中から車がやってきて大渋滞
朝からこの時間まで・・・
駅前では50センチの高さまで水が出ているという

栃木県・茨城県ではこれどころではないようだ
雨による災害のすごさを再確認した
by peke001 | 2015-09-10 12:13

東京オペラシティ―

東京オペラシティーコンサートホールでのコンサートに行く機会をいただいた。

JR東日本の「大人の休日倶楽部」10周年
「NHK交響楽団特別講演」

同じマンションに住む友人からのお誘いを受けて
出かけました。
会場は新宿から京王線で一つ目の初台駅。
それも地下駅から直結。小雨の降る日でしたが
全く傘を必要としない、なんとも便利なホールでした。
会場受付で入場券をいただくまで座席はわかりません
少しでも早ければ、いい席に出合えるか・・・・
などと思いながら早めに到着。
それが功を奏したのか、前から五番目をゲット。
普通でしたら、「前すぎるなー」と思うのですが
この日は別、絶妙な位置からの鑑賞となった。

曲目は
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(ハープ版)
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番
モーツァルト:「ジュピター」
指揮:尾高忠明
ハープ:吉野直子
ヴァイオリン:伊藤亮太郎
演奏:NHK交響楽団

前すぎるほどの位置はハープ演奏する吉野さんの表情から指の動きまでじっくりと観ることが出来た。
また、普段テレビで良く見るN響のメンバーが目の前で演奏している。
まあ至福の時間を過ごすことが出来た。
e0175614_12361850.jpg
休憩の合間にちょいと失礼(良い子はこんなことしてはいけませんよ)

このオペラシティーのビルに中庭があり巨大なオブジェがあった。
この像は動くらしい、この時は動いていませんでしたが・・・
e0175614_12364650.jpg

e0175614_1234172.jpg

戻って調べたらこんな記述が
中庭にはジョナサン・ボロフスキーの大きなオブジェが口をパクパクさせている・・・と
手足や口が動くのですね。
by peke001 | 2015-09-08 12:42

どうして 

拙いクイズにお付き合いくださりありがとうございます

最初はペットボトルの中の気圧を
お湯を使って下げてボトルの中に風船を膨らませました

今度は全く逆ですね

ペットボトルの中の気圧を上げて風船を膨らませています
それは・・・もうおわかりとおもいます
そうです ドライアイスを中に入れます
通常はこのドライアイスは昇華して一気に二酸化炭素になります
そのことでペットボトルの中の気圧が上がるわけです。

しかし、それには結構時間がかかります
そこで
ペットボトルの中に水を入れておきそこにドライアイスの破片を入れると
水の気化が加わり一気に気圧が上がります
そして、風船が見事に膨らみました。

この場合 お湯を使うとさらに激しく変化を見ることが出来ます。

先の実験と今回の実験を一緒に行うと面白いですね。

e0175614_14314725.jpg

by peke001 | 2015-09-03 14:32

どうして 2

ペットボトルと風船のクイズに参加ありがとうございました
早速種明かしです。





ペットボトルの中に熱湯を入れます
中のお湯はすぐに空けてください
こととき火傷にはご注意を!

温まったペットボトルの口に
小さなゴム風船をつけます

すると、瞬間的にペットボトルの中側に小さく膨らみました
そして・・・徐々にその大きさが大きくなり
電球を逆さにしたような形になりました。
e0175614_8202119.jpg
e0175614_8203099.jpg
e0175614_8235512.jpg


解答にもありましたが、ペットボトル内の気圧が
熱せられて高くなり、その後徐々に下がることにより
大気の圧力で風船が逆に膨らんだのですね。

さて、では これは???
もうお分かりですよね。

e0175614_82947.jpg

by peke001 | 2015-09-02 08:29