ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
クラカメおじさんの気まぐれ写真
風来坊の「徒然なるままに...
やま悠作 日々雑感
晴チャリ雨読
じょんのび
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

R.シュトラウス 「英雄の生涯」

梅雨入りしたのに、早くも中休み、
そんな日曜日の午後
六本木のアークヒルズ、カラヤン広場には大勢の人が集まっている。
人々は今か今かと開場を待っている
ここはサントリーホール。
e0175614_16575871.jpg

開演の30分前
正面の入口の上部が開いて人形の姿が・・・・・
e0175614_1658275.jpg
e0175614_1658342.jpg

パイプオルガンの音色が響き渡る、
この音楽を合図に、ホール内に人々が移動を始めた。
各地でみるからくり時計のようなものです
約5分間の演奏を終えて、人形たちは壁面の中に・・・・

この日は東京交響楽団の定期演奏会 でした
指揮は秋山和慶氏

演奏曲目は
リヒャルトシュトラウス 交響詩「ドン・ファン」
バルトーク ヴァイオリン協奏曲 第1番
リヒャルトシュトラウス 交響詩「英雄の生涯」


この日の、演奏曲「英雄の生涯」には大変強い思いれがあった
初めて耳にしたのは1966年5月
ヘルベルト・フォン・カラヤンがベルリンフィルとの来日でした。
当時としては珍しく、テレビとFMの同時生放送が行われました
テレビは白黒でしたがFMはステレオ放送

14インチのテレビを中央に置き、両サイドにセパレート型のスピーカー。
脇にはオープンリールの録音機を・・・・
このころはビデオなんかありませんでしたね
特に記憶のあるのは、ベートーヴェンの交響曲全曲を演奏されたことでした。

そして、この来日公演最終日の演奏曲が
リヒャルトシュトラウスの「英雄の生涯」でした。
もう、半世紀も前のことになります。


あれから40年はコンサートの行く余裕も機会もなく、時は過ぎ
ましてや演奏の機会も少ないこの曲を生演奏で聴くことは叶わなかった。

今回、ようやく目の前で耳にすることができた。

e0175614_16585845.jpg

座席は、以前紹介したP席。
目の前にはオーケストラの皆さんの息遣いまで聞こえそう、
指揮者の秋山和慶さんのいつも見られぬ表情も手に取るように・・・

e0175614_16591548.jpg
演奏が終わりました、席からちょっと失礼! 



至福の時を過ごしてきました。
by peke001 | 2013-06-03 17:00