ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
クラカメおじさんの気まぐれ写真
風来坊の「徒然なるままに...
やま悠作 日々雑感
晴チャリ雨読
じょんのび
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

魚へんに念

東京のJR環状路線線といえば武蔵野線。
40年前の1973年に貨物輸送をメインに開業し、
当時は旅客用は一時間に1.2本だけだった。
首都圏のドーナツ化で利用客も増え、
都市化と共に現在は国電?並みに・・・。

武蔵野線の電車に乗って隣町の吉川市へ
この町は「魚へんに念」が有名です。
「魚へん」の文字は沢山あり、それぞれに意味がありますね。
この文字は「ナマズ」
地震の多い昨今ではそれ程話題にならなくなってきたが・・・


なまずの語源 「なま」は、ウロコがなく滑らかな魚であることから、
「なめくじ」の「なめ」と同じく「滑らか」の意味。
「ず(歴史的仮名遣いは「づ」)」は、川や沼の泥底にすむことから、
「どじょう」の「ど」と同じく「泥」や「土」の意味。
つまり、「滑らかな泥魚」の意味から付けられた名と考えられる。
古くから、大きななまずが地中であばれるために地震が起こるという俗信があり、
「地震」を「なまず」と言うこともある。
中国ではなまずを「魚」+「占(粘りつく)」で「鮎」と書くが、
日本で「ねばる」の意味から「念」が当てられて「鯰」となった。
現在では、中国でも「鯰」が使われる。

e0175614_9184960.jpg

吉川駅前に鯰の親子のモニュメントが・・・

この鯰、食べたことありますか?
とてもおいしいのですよ。
[PR]
by peke001 | 2013-01-31 09:23

一週間のご無沙汰でした

一週間のご無沙汰でした。

ブログの恋人 ペケちゃんでございます・・・なんてね

風邪ごときで医者通い、ようやくの復帰でございます。

普段はあまり仲の良くない?ペケ子も

付き合い良く、仲良くのゴホン、ゴホンでした。

インフルエンザの流行が言われていたが、

幸いに、ただの風邪だったようです。


この間、一冊の本を読みました。

ちょっとお勧めしても良いのではと思い、とりあげてみます。

浅田次郎 赤猫異聞 


e0175614_13431136.jpg


火事と解き放ちは江戸の華! 江戸から明治へ、混乱の世を襲った大火事。
火の手が迫る小伝馬町牢屋敷から、曰くつきの三人の囚人が解放された。
千載一遇の自由を得て、命がけの意趣返しに向かった先で目にしたものは――

伝馬町の牢屋敷についての説明も面白く、三人の囚人の訳あり人生を、
後日の語りで構成されておりとても引き込まれた。
この三人が主人公ではあるが、本当の主人公は?・・・・
江戸の町の地理的な表記も多く楽しめた。

赤猫とは 『放火、または放火魔のことをいう「赤猫を這わす」という言葉からもわかる通り、飼い猫に火を点け、家に放つ という放火の手口からきた言葉である(赤は炎を意味する)』
異聞とは 『人の聞き知っていない話。普通にいわれている内容 と違う珍しい話』
[PR]
by peke001 | 2013-01-29 13:51

今年の新語・流行語

2013年になってまだ23日。早すぎますが・・・


年末になると
毎年、新語・流行語が話題になる

ここ数年を見ると
  2007年 ハニカミ王子
  2008年 アラフォー
  2009年 政権交代
  2010年 ゲゲゲの~
  2011年 なでしこジャパン
  そして、2012年は ワイルドだろぉ
もっともだと思うものや、ばかばかしいと思うようなものまで様々だ
世相を軽妙に映し、多くの人々の話題に上った言葉から選ぶようだが・・・

しかし、今年はもう決まりかも

それは
  「アベノミクス」 と  「アベデュケーション」 

誰がつけたのか、新聞・テレビなどマスコミで毎日のように踊っている。

安倍新政権に期待するところが大きいのだろう。

株価も上がり、円安も進み デフレはどうなる

参議院選挙を乗り切れれば、

2013年の新語・流行語になるのだが・・・ さてどうなることか

[PR]
by peke001 | 2013-01-22 17:07

こんな毎日です

日経新聞の「春秋」、朝日新聞の「天声人語」
よく知られるコラムですね。
その昔は就職試験の面接で聞かれることも多かったとか
保険のセールスウーマンがその日の記事をコピーして
勧誘に利用していたこともありましたね。

最近では学校の授業で「天声人語」の書き写しを行なっているとも聞いた。

これは面白そうだ。

最近は文字を書く機会が大分少なくなった
これでは読むことはできてもだんだん書けなくなってしまうのではないか
また、正確な書き順もおぼつかない。

そんなことを意識しながら始めた書き写し
あれから一年、はやそのノートも13冊目になった。

そして、内容は徐々に変化し
書き写すとともに
「天声人語」と「春秋」それに朝日と日経のその日の社説から
これはという記事をコピーしてファイル(コピペ)してそのページに
貼りつけていく
e0175614_16512330.jpg
e0175614_16513347.jpg
e0175614_16514079.jpg


結局それらの記事を読むことになり
少しはボケ防止につながっているようだ。

そんな毎日です。
[PR]
by peke001 | 2013-01-21 16:52

一秒の言葉

30年ほど前、会社の仲間と近場のゴルフ場のメンバーになった
以来、何度となくみんなでプレーをし、帰りには酒を酌み交わしたり
時には大会に参加したりと回を重ねてきた。
しかし、、リタイヤ後のここ数年はそんな機会も少なくなってきた。
平均年齢も70歳を過ぎ(ペケちゃんはまだ60代)それも仕方のない事ですね。

浦和駅前で待ち合わせし、
新年の昼食会としてこの仲間たちで集まった。
お昼の集いとしての二時間半はあっという間に過ぎた。

会場は老舗割烹旅館、寒桜が咲いていたが・・・・
e0175614_14455928.jpg


お店にこんな張り紙があった
e0175614_14405515.jpg


『一秒の言葉』の詩の作者、小泉 吉宏さんは、漫画家、絵本作家。
ただ、漫画家としては珍しくコピーライターの経験がある。
最近、結婚式のスピーチや、道徳の教科書に載ったりして有名になったようです。

『一秒の言葉』は、SEIKOのCMとして1985年に流れたものとか・・・。
[PR]
by peke001 | 2013-01-20 14:48

ウインドウの前で

浦和駅で待ち合わせ

待ち合わせ場所は伊勢丹の前

そこにHERMESのウインドウが

しばらく待って見た・・・若いお嬢さんでも通らないかと・・・

場所柄か、それはなかなかかなわなかった。

ここは埼玉なんだ。


クラカメ先輩のようにはいかない トホホ。


e0175614_13111585.jpg

[PR]
by peke001 | 2013-01-19 13:15

花田苑雪景色

先日14日の大雪の名残というか残骸がまだまだ道路わきにその姿をとどめている。
一度凍ってしまった雪はなかなか融けるのに時間がかかる。
翌日は道路の渋滞がひどく、事故もあってくるまでの移動は無理だったので自転車で出かけた。
とはいえ、まともに運転できない。
それでも車よりも、もちろん歩きよりも早く移動出来た。
市のはずれに日本庭園・花田苑がある
石灯篭などがあって、ちょっと兼六園の風情も・・・
そこでこの時とばかりに雪景色を撮ってきました。
もう雪はけっこうなどと言わずにご覧ください。

e0175614_1034687.jpg
e0175614_103513.jpg
e0175614_1035644.jpg
e0175614_104261.jpg
e0175614_1041044.jpg
e0175614_1041649.jpg
e0175614_104229.jpg
e0175614_1042910.jpg
e0175614_1043437.jpg
e0175614_104399.jpg
e0175614_1044437.jpg

[PR]
by peke001 | 2013-01-18 13:23

優勝者コンサート

雪の上野公園と東照宮ぼたん苑をご覧いただきました。
大雪の中、上野に出かけたのにはもう一つの目的がありました。
東京文化会館で行なわれたコンサートでした。
e0175614_1918798.jpg

e0175614_19183416.jpg

「第10回東京音楽コンクール 優勝者コンサート」
昨年行われたコンクールで優勝された方との音楽祭です。

音楽祭はピアノ部門、弦楽部門、木管部門、声楽部門とあり
今回は弦楽部門とピアノ部門の優勝者の優勝者コンサート
指揮は梅田俊明 管弦楽東京フィルハーモニー交響楽団 でした。

初々しさの残る若きソリストの演奏を堪能してきました。

管弦楽の小曲をはさんで演奏されたのは
  弦楽部門優勝者 小川響子さんのヴァイオリンで
  チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 

  ピアノ部門優勝者 高橋優介さんのピアノで
  ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 
お二人とも2300名もの聴衆の前で、しかもオーケストラをバックにしての
演奏は今後の音楽人生の素敵なスタートになったのではないかと思いました。

この日は昼前から雪が降り、会場の東京文化会館のベランダに出てみると
向かい側の西洋美術館の建物も霞み気味に見えた。
e0175614_19191263.jpg

また、正岡子規記念球場の脇に会館の明かりがまるでツリーの光のように輝き
通り過ぎる親子連れの会話が聞こえてきそう
e0175614_19194634.jpg
e0175614_19195779.jpg

[PR]
by peke001 | 2013-01-17 19:27

冬ぼたん

冬の時期の上野公園といえば、上野東照宮ぼたん苑の冬ぼたん。
一昨日の大雪の中、最初の目的は別にありましたが、積もり始めた雪を見て
この時期を逃すわけにはいかないと、完全防寒、長靴スタイルででかけた。
まず、上野公園では普段目にすることのない景色を眺めながら進む(前掲出)

東照宮のぼたん苑は春のぼたんとこの時期の冬ぼたんの二季に楽しめる。
冬牡丹はまさに見ごろの時期。
雪降るぼたん苑をご覧いただきます。
e0175614_9482625.jpg

e0175614_9461052.jpg
e0175614_9461925.jpg
e0175614_9462680.jpg
e0175614_9463452.jpg
e0175614_9464043.jpg
e0175614_9464756.jpg
e0175614_9465691.jpg
e0175614_947392.jpg
e0175614_947997.jpg
e0175614_9471712.jpg




東照宮とは、徳川家康公(東照大権現)を神様としてお祀りする神社です。
日光東照宮、久能山東照宮が有名ですが、全国各地に数多くございます。そのため、
他の東照宮と区別するため上野東照宮と呼ばれておりますが、正式名称は東照宮です。
[PR]
by peke001 | 2013-01-16 09:50

上野公園雪景色

爆弾低気圧による大雪、首都圏マヒに

この日は昼から東京・上野に出かける予定が決まっていました。
11時頃、雨から雪に変わり、その降り方も激しく
みるみるうちに一面白くなってきた。
都内も降り出している様子、
早目に家を出て上野公園へ・・・

e0175614_11515534.jpg
e0175614_1152672.jpg
e0175614_11521293.jpg
e0175614_11521860.jpg
e0175614_11523035.jpg
e0175614_11523654.jpg
e0175614_11524347.jpg
e0175614_11524813.jpg
e0175614_11525526.jpg
e0175614_1153066.jpg


とりあえず上野公園の雪景色をご覧いただきました
[PR]
by peke001 | 2013-01-15 11:57