ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
クラカメおじさんの気まぐれ写真
風来坊の「徒然なるままに...
やま悠作 日々雑感
晴チャリ雨読
じょんのび
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

市民大学 大移動

こしがや市民大学秋の講座。
この日は教室から出ての館外学習でした
バス三台に分乗して向かった学習地は
東京日本橋の「日本銀行」です

ペケちゃんは二号車バスの案内ジージガイドでした。
とはいってもお客さんも同じような方ばかり
総勢80名の大移動です
e0175614_15513237.jpg
e0175614_1552261.jpg
e0175614_15521643.jpg


見学は貨幣博物館からスタートです

貨幣博物館は日本銀行本店に隣接し、館内には古代から現在に至るまでの日本の貨幣、軍票、記念硬貨などが順路毎に展示されている。
世界の貨幣・紙幣を見ることもでき、また、1億円分の紙幣の重さを体験出来るコーナーもある。(HPより)

大きな石のお金があったり、本物の大判の大きさに驚いたりでした。
特に、かすかに記憶の残る紙幣、一円や五円、十円、百円 などを見つけ、懐かしくさえ感じました。
館内は撮影禁止でしたが、通路やホールでは撮る事が出来ました。
e0175614_1553328.jpg
e0175614_1553202.jpg
e0175614_15533681.jpg

この一億円、実際にもって見ましたよ。意外と軽かったです。
一万円札1枚の重さは1g。
1万枚ですので10kgの計算ですね。
100メートルくらいなら担いで走れるかもしれません!?

なお、貨幣博物館は入場無料です、日本橋三越のすぐ裏ですので買い物の折にでも立ち寄られてはいかがでしょう。

このあとは日銀の本館です。
by peke001 | 2012-11-30 16:03

出かけの黄葉

東京の朝の気温がこの秋一番低かったという
そんな中普段はテレビでも観ているのだが・・・・
今日は自転車に乗って出かける。
その時刻は8時前。
我が町では通勤時間帯もそろそろ終わるかなといった頃だ。

近くの神社のイチョウがとても綺麗に輝いている。

道脇に自転車を止め・・・カバンからカメラを取り出し、急遽撮影
・・・・・・・ゆっくり出来ない、集合時間の15分前だ。
でも、まだ5分は余裕がある・・・・
e0175614_19361481.jpg
e0175614_19362129.jpg
e0175614_19362863.jpg

なんとかカメラに取り込み・・・急いでペタルを踏むペケちゃんでした。

今日はペケちゃんがかかわっている市民大学の館外学習
いわるるバス旅行です。

e0175614_19364896.jpg

この報告は明日行うとして・・・バスは出発しました。

by peke001 | 2012-11-29 19:39

見事にいっぱい

仙台から南三陸被災地をご覧いただきました
沢山のコメントをいただきありがとうございました。

仙台駅で・・・・
e0175614_16534870.jpg


タクシーがいっぱい・・・・黄一点。
e0175614_1654174.jpg


本がいっぱい・・・
e0175614_16541568.jpg



長い仙台・南三陸レポ 散在してお金が無くなりましたので、
明日は日銀の金庫に出かけようと思います。

by peke001 | 2012-11-28 17:00

仙台で 

語り部バスによる南三陸町の被災現場まわりを済ませ
再び宿からのシャトルバスで仙台へ。
駅中のレストランで昼食を済ませ、
今回のもう一つの目的、友の墓参に向かう
仙台市の高台にある墓地へ
奥様の出迎えを受けお参りです。

すでに亡くなられて8年が過ぎた
ペケちゃんが入院していた時にも自分自身の体調が悪いにもかかわらず励ましの電話を頂いた事も。
そんな彼、まだまだペケちゃんの中ではしっかりと生きているのだが・・・。


e0175614_1902377.jpg
                              墓園の高台から仙台南西方向を望む

仙台駅に戻り、新幹線の発車の時刻まで時間があるのでお茶でも飲もうということになり
喫茶店を捜す。
今は、「純喫茶」なんてどこにもない
繁華街のビルの中では、やはりスターバックス。
そこでは全員が入る事が出来ず、もう一か所の店に行くが
そこでも入れない。午後のひととき、平日でも人の出は多いのだ。

e0175614_1911419.jpg〇〇〇〇珈琲店の看板を見つけた、大きな喫茶店だ。
なんだかゴージャスな店、正面には壁一面にコーヒーカップが並んでいる。
何とか全員そろって入店出来、さて注文です。
品の良い女性(ウエイトレス)が傍らに・・・・


e0175614_195548.jpgメニューを見る・・・・ちょっと変だよ?
値段は1.155  と見える。 1.260 というのも
エッ!? これいくら? ドル建てか?
1ドル80円台のこの時期、ドル建てのはずがない。

いやいや、 一杯1155円なんです

いいおじさんたちがそろって入ってしまったんだ、
いまさら出るわけにはいかないネ。

飲みましたよ税込1155円のロイヤルブレンドコーヒーを。
さすがに美味しかったですが・・・・。

このお店、仙台では良く知られるお店のようでした。

お粗末でした!
by peke001 | 2012-11-27 19:20

南三陸町 二日目

二日目の朝。
六時前ようやく明るくなってきた
他所に比べて、夜明けが早い南三陸でが、やや雲が多くゆっくりと明けてきた。
水平線から昇る朝日を期待していたが、なかなか顔を出さない
それでも雲を越えての日の出を捉える事が出来た。
朝の海は静かだ、かすかな波が朝日を受けている。
e0175614_141296.jpg
e0175614_14121414.jpg

海面には、昨年は全滅してしまった養殖の筏などを新たに見ることができた。
元々カキ・ホヤ・ワカメ・ギンザケなどの養殖が盛んだったのだ。

宿で、被災された町内を循環する「語り部バス」を用意してくれた
e0175614_14125921.jpg

e0175614_14144682.jpgテレビなどでは紹介されない戸倉地区をまわり、そのあと前日自転車で行った
志津川地区をくまなく回わり、南三陸さんさん商店街なども・・・
瓦礫に中にポツンとコンビニが・・・貴重なお店ですね。
このプレハブの商店街は震災前の町内の商店が一か所に集まって
南三陸さんさん商店街として今年の二月に出来たという
地元では貴重な商店街ですね。
e0175614_1416876.jpg



語り部バス・・・震災を風化させないためにと あの日の様子を、そして
学校や役所などの現状など、生の情報を語ってくれていた。
その案内役として話してくれた方もまた、被災者でした。
数日間家族の安否もわからずだったと・・・・

バスの車窓からのスナップですがご覧いただこう
e0175614_14152842.jpg
e0175614_14153440.jpg
e0175614_14154023.jpg
e0175614_14154569.jpg
e0175614_14155242.jpg
e0175614_14155725.jpg
e0175614_1416373.jpg


瓦礫の中にあちこちで奇妙な看板がいくつも立っていました。
南三陸町では昔から、家庭の神棚に、独特な紙飾りが飾られるようです。
5枚ほど重ねた白い和紙を切り抜いて形作る「切紙(きりこ)」を神棚に祀る伝統があります。
今回被災されたこの場所で「きりこ」を大きなボードにして、
海に向けて立てることにより、復興に向けた強い思いが感じとれました。



語り部として案内してくれた方は奥様と子供さんに数日後無事対面することが出来ました。
その時子供さんは一人でしたが・・・今は二児のパパだそうです、あのあと頑張ったんですね。
by peke001 | 2012-11-26 14:42

南三陸町 

南三陸町の防災対策庁舎をご覧いただきました

ここのビルの二階で遠藤未来さんが呼びかけていました
「大津波警報が発令されました。高台に避難してください」
「6メートルの津波が予想されます」「異常な潮の引き方です」「逃げてください」
 防災無線が30分も続いたころ、津波は庁舎に迫りつつあった。「もう駄目だ。避難しよう」。上司の指示で遠藤さんたちは、一斉に席を離れた。
 同僚は、遠藤さんが放送室から飛び出す姿を見ている。屋上へ逃げたはずだった。が、津波の後、屋上で生存が確認された10人の中に遠藤さんはいなかった。

e0175614_19583018.jpg

そしてこの防災庁舎を回りは今も・・・
e0175614_19585083.jpg
e0175614_19585656.jpg
e0175614_1959163.jpg


それでも少しずつ少しずつ・・・
e0175614_19595836.jpg

by peke001 | 2012-11-25 20:00

仙台から南三陸町 

49年前に入社した会社の同期
今ではすでに全員が会社を離れている。
とかく退職するとばらばらになる事が多いと思うのだが
われらの同期会は延々と続いており、来年は半世紀になろうとしている。
年に3-4回の集いを持っている。

Re:Logでブログを初めて書いた事が昨日のように思われる
もう、6年も前のことなのだが、
その時のタイトルは「ご夫婦でホールインワン」でした
この時の内容は同期の友人が亡くなられて三回忌の墓参と
奥様を交えたゴルフ大会でした。
亡くなられた友人が数年前にホールインワンを達成していたのですが、
この時のコンペではその奥様がホールインワンを達成したのです。
それもペケちゃんと同組での事でした。
運命的なものを感じました。

と、いった当時ペケちゃん最初のブログ記事でした。

あれから6年、久しぶりに同期の仲間たちと彼の墓参を兼ねて
あの被災地、南三陸町に出かけました。

お天気には恵まれ、東北新幹線からの山々はとても綺麗でした
走行中の窓越しに安達太良山など吾妻連峰は雪をかぶっていた。
e0175614_16531436.jpg
e0175614_16532192.jpg

お昼はやはり牛タン。e0175614_1654165.jpg












e0175614_16574470.jpg



食事を済ませて、仙台から南三陸町まで移動です。


宿泊ホテルのシャトルバスで約二時間・・・・東京から仙台と同じだ
四時前にようやく到着です。

到着早々、自転車を借りられる(500円)との情報を得て、早速友と二人で出かけることに
e0175614_16543743.jpg
3kmほどペタルを踏んで、テレビや写真で何度も目にした南三陸町の志津川到着です。
道路は何とか整備されているものの・・・・
壊れ崩れたビルがそのままだ
もちろん窓も壁もない、
四時半をまわりあたりは暗くなってきた
そんな時間にあの「防災対策庁舎」に到着だ
正面には祭壇が設けられ、ろうそくが灯されてお線香が何本も・・・
e0175614_16551377.jpg
e0175614_16552812.jpg
e0175614_16554928.jpg
e0175614_16555934.jpg
e0175614_16561316.jpg
e0175614_16562556.jpg
月の光がやけに冷たく感じた、実際この時間大分寒くなってきていた。

暗い道を小さなライトの光を便りに宿に向かう
国道の脇にはJR気仙沼線の線路が・・・・・
e0175614_175446.jpg

by peke001 | 2012-11-24 17:06

日光紅葉 化け地蔵・憾満ガ淵

奥日光の湯ノ湖から戦場ヶ原を流れる湯川、
湯滝、龍頭の滝を経て中禅寺湖へ
その水も中禅寺湖でゆっくりとしたあとは華厳の滝で一気に97メートル下へ
水も飛抹となり滝底へ・・・
そこからは大谷川(ダイヤガワ)となり急流の状態で流れる
しばらく流れていくと川沿いの木々の間に多くのお地蔵さんが並んで見える
流れからはその数を数えることも出来ない。


e0175614_1754416.jpg
e0175614_1755177.jpg
e0175614_176326.jpg
このお地蔵さんの前は遊歩道になってはいるのだが、
お地蔵さんの数を数えながら歩いてもその数がわからなくなってしまうそうだ。
お地蔵さんがずらりと並ぶ「並び地蔵」だが、「お化け地蔵」といわれている。


このあたりを憾満ガ淵. (かんまんがふち)といい、特に流れも強く景色も綺麗なところなんだよ。
e0175614_1764485.jpg
e0175614_1765258.jpg
e0175614_1765919.jpg
e0175614_177866.jpg
e0175614_1771829.jpg

by peke001 | 2012-11-23 17:09

南三陸町・・・・今

仙台、南三陸町の旅から戻りました

大変強烈と言うか印象深い旅でした

明日から順次報告させていただきます。

まずは、宿についてすぐに自転車を借りて・・・・

どうしても行きたかった場所に出かけました。



明日は市民大学の教師接待と司会の役が待っています

これからシナリオの確認です


今日のところはこの一枚で勘弁してください。


なお写真はクリックで拡大できます。

印象を書いていただけると嬉しいです。


e0175614_21233597.jpg

by peke001 | 2012-11-22 21:24

日光紅葉 裏見の滝

日光には滝が多い

日光三名瀑と言われるのが
「華厳の滝、裏見の滝、霧降の滝」ですが
先日の「龍頭の滝」を加えて四名瀑としても良いように思います。
その日光の滝は俗に「日光72滝」と呼ばれるそうです。
昨年は霧降りの滝の奥にある隠れ三滝を紹介しました。それはこちらです。

霧降りの滝は高度が大分低いのでこの時はようやく色付き始めだったようでしたのでパス。
二社一寺からほど近い三名瀑のひとつ裏見の滝にまわってみた。

以前は滝のうしろにまわれたことから「裏見の滝」と名がつけられたが、
崩落があり現在はそこに行くことは出来なくなっている。
正面の裏見の滝とすぐ横に流れ落ちる荒沢相生滝のセットが何とも言えない。

20年ほど前になろうか、初めてここで滝を撮影して以来滝好きになったものです。
秋の裏見の滝ご覧いただこう。

e0175614_20573610.jpg
e0175614_20575687.jpg
e0175614_2172885.jpg

以下は裏見の滝のすぐ脇の荒沢相生滝です
e0175614_205825.jpg
e0175614_20581338.jpg



今日はこれから、仙台と南三陸町に出かけます。いまだ復興が思うようにいっていませんが少しでもレポートできればと思います。
日光紅葉は戻りましたらまた書かせていただきます。
by peke001 | 2012-11-21 07:16