ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001


<   2012年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ホワイト・クリスマスといえば

これから夏に向かうというのに・・・・

クリスマスソングといえば「ジングルベル」に「ホワイトクリスマス」が思い浮かぶ

最近では若い人向けの曲も多いと思うが、ペケちゃん世代はやはり・・・・

ホワイトクリスマスといえば----ビング・クロスビーではないでしょうか。

パット・ブーンの曲を聞くことが多かったが、やはり本命はこちらか。




隣町の図書館の書架(CD用)で懐かしいアルバムを見つけた
e0175614_13522766.jpg
e0175614_13523987.jpg

 星にスウィング ビング・クロスビー

01: 星にスウィング   Swinging On A Star
02: 二人でお茶を   Tea For Two
03: ダニー・ボーイ    Danny Boy
04: ビギン・ザ・ビギン   Begin The Geguine
05: スイート・レイラニ   Sweet Leilani
06: 枯葉    Autumn Leaves
07: 夜も昼も   Night And Day
08: 奥様お手をどうぞ   I Kiss Your Hand, Madame
09: 今し別れの時   Now Is The Hour
10: いつの日か君に  Where The Blue Of The Night
11: バラ色の人生   La Vie En Rose
12: セプテンバー・ソング   September Song
13: モナ・リザ   Mona Lisa
14: アイルランドの子守唄 Too-Ra-Loo-Ral
15: 港の灯 Harbor Lights
16: シボネー   Siboney
17: ブルー・ハワイ   Blue Hawaii
18: 珊瑚礁のかなたに   Beyond The Reef
19: なつかしい仲間 Dear Hearts And Gentle People
20: チェンジング・パートナーズ Changing Partners
21: 久し振りね    It's Been A Long, Long Time
22: 黄金の雨   Pennies From Heaven
23: いとしのクレメンタイン   Clementine
24: 世界一周   Around The World
25: ホワイト・クリスマス White Christmas

何曲ご存知でしたか?

最近の曲はわからなくても、若き日の想い出が甦ったのはどなた?


写真は借りたCDをコピーして自分用のものを作りました。

ホワイト・クリスマスを聴きながらの投稿でした
by peke001 | 2012-05-31 13:55

カンパニュラ

数年前のテレビドラマ『風のガーデン』をご存知の方もおられると思う

「北の国から」で良く知られるの倉本聰さんのドラマだ。

このドラマの挿入歌でショパンの「ノクターン」と

ノクターンをベースにした「カンパニュラの恋」を平原綾香さんが歌っていた。

これまでカンパニュラという花さえ知らなかったのだが・・・

この曲でショパンの夜想曲などピアノ曲が好きになられた方も多いのでは・・・



紫色のカンパニュラが綺麗に咲いていた

e0175614_14381283.jpg
e0175614_14381855.jpg


カンパニュラ・メディウム キキョウ科

別名フウリンソウ なるほど風鈴の形にも見えますね。
by peke001 | 2012-05-30 14:40

プラタナス

懐かしい曲です

 鈴懸の径・・・・・・灰田 勝彦
  ♪友と語らん 鈴懸の径 通いなれたる 学舎の街・・・・

 たそがれの銀座・・・・・黒沢明とロス・プリモス
  ♪プラタナスの葉かげにネオンがこぼれ・・・・

 風・・・・・・はしだのりひことシューベルツ
  ♪プラタナスの枯葉舞う 冬の道で プラタナスの散る音に 振りかえる・・・・



ラジオから灰田勝彦の名前が聞こえた

昔ではありません、今朝のことです。

「野球小僧」や「鈴懸の径」 戦時中のこれらの曲について語っていた。

ふと懐かしさを感じた方も多いと思う。

ここにいうスズカケノキ(鈴懸の木)はプラタナス属であり

一般的にプラタナスと呼ばれています。

プラタナスの名から冒頭の懐かしい歌が思い浮かびました。


この名を耳にして、市内の公園に・・・

公園の入口に4本のプラタナスの木があるのです。

大きな葉はメープルリーフのような形で、これからの強い日差しを遮ってくれる。

プラタナスとは大きな葉を意味するギリシャ語からだという。

4本のうち2本の木には丸い実がついていた。

その実の形が鈴のようなので、「スズカケノキ・・・鈴懸の木」と和名。

そして、銀杏のように雌雄の別があるのか実のなる木は限られているようだ。
e0175614_14432123.jpg

e0175614_14431340.jpg

e0175614_1443837.jpg



e0175614_14433770.jpg[鈴懸の径]の曲について

立教大学のキャンパス内にはモデルになった鈴懸の径が存在し、記念の歌碑がある。

 
鈴懸の径はアメリカではプラタナス・ロードと言われて、親しまれていたという。
by peke001 | 2012-05-29 14:50

庶民の街 浅草

浅草がここ数年息を吹き返してきた

東京スカイツリー開業のおかげでしょう

二年ぶりの三社祭には多くの人出で大変な盛り上がりでした。

浅草と言えば、浅草寺と仲見世・・・そしてこれからはスカイツリー・・・

時間仁制約のある観光客はこのあたりを散策して行く。

少し裏手に行くと庶民の街浅草、昔でいう色の街浅草、演芸の街浅草・・・

浅草演芸場は六区ブロードウエーで頑張っている。

こんな演芸場も浅草を延々と語りついている。

大衆演劇場・木馬館と木馬亭です。

e0175614_1955967.jpg
e0175614_196582.jpg

by peke001 | 2012-05-24 19:06

六芸神

浅草の六区をご存知でしょうか

1884年(明治17年)に「浅草公園」が一区から七区までに区画された。
この時浅草寺裏の通称・浅草田圃の一部を掘って池を造り、池の西側と東側を築地して街区を造成。
これが第六区となり、浅草寺裏手の通称奥山地区から見せ物小屋等が移転し歓楽街を形成した。
戦後の一時期喜劇人の町として栄えていたが、
1960年代に入り斜陽化が進み、当時の面影は無くなってしまったが・・・

六区の通りにおもしろいブロンズ像が道行く人の足を止めていた。
e0175614_16551997.jpg

e0175614_16531245.jpg


『六芸神』と名がついていた

唄神(うたいがみ)…東海林太郎
直立不動の歌唱姿から東海林を模したものであろう

奏神(かなでがみ)…田谷力三(アコーディオンを弾いている)
田谷は声楽家であり、アコーディオンを弾きながら歌うことはなかった。アコーディオンを弾きながら歌ったのは藤山一郎である。

話神(はなしがみ)…古今亭志ん生
これは古今亭志ん生 (5代目)、三遊亭金馬 (3代目)、柳家小さん (5代目)のイメージで作られたものである。

戯神(おどけがみ)…大道芸人(氏名不詳。玉乗りをしている)
玉乗りの江川マストンのイメージである。尚、江川マストンは大道芸人ではない。

演神(えんじがみ)…榎本健一
これは間違いなく、榎本を模したものである。

踊神(おどりがみ)…水の江瀧子(紅一点。踊り子の扮装をしている)

e0175614_16541933.jpg
                                 クリックで文字が読めるかもしれません

六芸神は神様であり、これらは実在の人物を模してはいるが、特定の人物ではないという。

浅草ならではの銅像でした。
by peke001 | 2012-05-23 16:58

三社祭とソラマチ

今日は小雨の中のグランドオープンですね。

ソラマチには昨夜から並んだ人がいたようだが、
あまり意味は無かったのではないだろうか。
20日の日曜日の様子を紹介してきたが、
今日はおそらくごった返していることでしょう。
e0175614_1324638.jpg

地上の広場には三本の石柱が・・・
そのあいだから仰ぎ見るスカイツリー

ソラマチの8階屋上に大きなベンチがある
このベンチにごろりと横になって仰ぎ見るスカイツリー
e0175614_13242788.jpg
e0175614_13244037.jpg
                                このように見えました。

スカイツリーの展望台に行かずとも、敷地内のイーストタワーは31階
ここからの眺めも抜群だろう、なにしろ東京タワーの展望台を越す高さだ。
『ソラマチダイニング スカイツリービュー』がそれだ。
高さもさることながら飲食の料金も高いんだろうな。
そのタワーに映るスカイツリー。
e0175614_13251794.jpg




三社祭りには多くの神輿が、

こども神輿も元気にまわっていた。

こども達を見ていただこう。
e0175614_13284762.jpg
e0175614_13285399.jpg
e0175614_13285915.jpg
e0175614_1329737.jpg
e0175614_13291335.jpg


お囃子にはご年配の方も
ピアスが可愛かったですね。
e0175614_13293060.jpg

by peke001 | 2012-05-22 13:33

三社祭りとスカイツリータウン

日曜日の午後、十数年ぶりに三社祭に

時の経過とともに新鮮味の無くなる祭り情報

取り急ぎ数点ご覧いただいた。

我が家からは東武スカイツリーラインで一本

終点浅草駅がその会場ですが、その前に・・・・

一つ手前の駅で下車・・・そうです「とうきょうスカイツリー駅」です

二日後にオープンとなっていたが、東京スカイツリータウンは人でいっぱい

道路は交通規制され、まるで歩行者天国。

この一角を「TOKYO Solamachi」という

スカイツリーのタワー部以外はすでに本格オープンでした。

脇を流れる北十間川(きたじっけんがわ)も整備され綺麗になっていた。

しかし隅田川につながる運河の為水質の改善はなかなか難しいのが残念だ。

護岸やソラマチ自体のエントランスやテラス、広場にはベンチが用意されていて

弁当や、アイスクリームなどを食べながら・・・

楽しそうな家族の姿がたくさん見られた。

e0175614_15235839.jpg
e0175614_15241629.jpg
e0175614_15242321.jpg
e0175614_15242816.jpg
e0175614_15243640.jpg
e0175614_15244130.jpg



2時間ほどソラマチをぐるぐると回り浅草へ

とうきょうスカイツリー駅とは反対側の押上駅から行くことに

ここも大変な人出、

「今日がこんなにこむんだから22日からはどうなるんだ・・・」駅員同士の会話が聞こえた

押上駅も22日から駅の名に副駅名「スカイツリー前」がつくという。

隅田川の下をくぐっての浅草駅へ。

駅の外は 人 人 人 人だらけ。

人のざわめきとお囃子の音・・・・そして神輿をかつぐ掛け声。

何処からこれだけの人が集まるのか、

通りはどこも人だらけ。

さすが、浅草といえば三社祭。

二年ぶりの開催に、祭り好きは燃えていました。

今回は神輿をかつぐ表情をご覧いただこう。
                                            クリック拡大
e0175614_15262746.jpg
e0175614_15264038.jpg
e0175614_1526465.jpg
e0175614_1527176.jpg
e0175614_1527769.jpg
e0175614_15271367.jpg
e0175614_15271843.jpg


つづきます
by peke001 | 2012-05-21 15:31

浅草・三社祭

東京・浅草のお祭りといえば三社祭

今年も17日に始まり、20日が最終日

例年金曜日から日曜日の三日間行なわれている。

東京スカイツリーの開業を二日後に控えて

浅草の盛り上がりもさぞかし凄いのではないかと、出かけてみた。

まずは三社祭ご覧いただこう。      クリックで拡大できます

e0175614_2165238.jpg
e0175614_2165926.jpg
e0175614_21755.jpg
e0175614_2171136.jpg
e0175614_2171827.jpg
e0175614_2172312.jpg
e0175614_2172915.jpg
e0175614_2173425.jpg


三社祭りの前に東京スカイツリーのソラマチを覗いてみた

スカイツリーのオープンは22日。

しかし、この街はもう動き出していた

さわりをご覧いただこう

e0175614_22164057.jpg
e0175614_22165324.jpg
e0175614_2217895.jpg


明日へつづく
by peke001 | 2012-05-20 21:09

垣根の花


近所の住宅街をまわってみた

一気に花の種類が増えたようだ

一番多いのは薔薇の花か・・・


あるお宅の垣根にピンク色の花が咲き乱れるほど

花だけを見ると薔薇のようだが、

花の名は確認できなかったが

ちょっときれいだから載せてみましょう。

e0175614_1734567.jpg


別のお宅の垣根では、面白い花が

葉の真ん中を付きぬいて細い茎が出

その先に筒状の花が咲いてる

二枚の葉が重なった間から花の茎が出ているものも
e0175614_1725627.jpg

こちらは垣根の花ではなくて

垣根の別の木に絡みついて伸びる『つる植物』なんですね

その形から来たのであろう

花の名は

「ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)」
by peke001 | 2012-05-19 17:06

取れたー

ここ一週間は決まって朝の9時過ぎにパソコンとにらめっこでした。
e0175614_12442510.jpg


羽田空港のANA機体整備工場の見学申し込みは半年前の同日9時30分からインターネットで受け付けている
各日4回の見学でその人数は80名まで
自分は昨年仲間と見学をしているのだが、今秋に開催されるこしがや市民大学の館外学習として企画したいと思い予約にチャレンジ。
日程も人数も決まってはいないのだが、曜日だけが決まっているので、自分なりに日にちを絞り込んで予約する事に・・・
ここ一週間ほど、テスト的に申し込みを行ってみたがなかなかうまくいかない。
申し込みが殺到し、1-2分で満杯になる事も、ましてや80名の枠すべてとなるとなかなか難しい。
狙った時間に、自分より先に誰かがアクセスするともうその時間は予約できなくなってしまう。

今回の目的の日は11月16日(金)13:00の回
5月16日の朝9時過ぎにスタンバイ
その時間はまだ受け付けは始まっていない
そこで別のどうでもいい日にちをダミーとして必要事項を入力しておいた
9時25分 記入した項目をそのままにして見学日変更をクリック
すると、新しい日程の画面が表示される。 この時、先に入力した氏名、住所、目的等は保留されている。
だがエンターを押してもまだ受け付け開始にならない。
受け付け開始になった瞬間から最初にアクセスした人に申し込みの権利があるのだ。
9時26分、27分 なかなか始まらない。
そして28分ごろからは3秒くらいの間隔でエンターキーをたたく、たたく、たたく 5回、10回、15回・・・と
28分30秒をすぎた時に、反応した。申し込みのマークが表示された。
早速、カーソルを移動しクリック・・・・・
そして次の画面に・・・・ここで内容はほとんど入力済みでしたので、すぐに次の画面へ・・・・申し込み完了
その時9時29分。
9時30分にはほかの回も、大分埋まったようだった。

この時点で受付完了したとのメールが入り、翌日あらためて正式によやくが成立したとのメールが入った。
e0175614_12465217.jpg


市民大学に今年度の活動はまだ始まっていない。
by peke001 | 2012-05-18 12:59