ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
クラカメおじさんの気まぐれ写真
風来坊の「徒然なるままに...
やま悠作 日々雑感
晴チャリ雨読
じょんのび
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お茶をどうぞ

最近太ってきたなー・・・

物忘れが多くなってきた・・・・・


そんなお悩みの方に朗報

お茶を飲んで元気になろう。


こんなお茶を見つけました。

いかがですか

ご希望の方には地方発送も行ないます

お申し込みはペケちゃん商会へ・・・

e0175614_9112715.jpg


おっと、価格を調べてくるのを忘れました、

効能ですか?

個人差がありますので、保証はしかねますが ハイ。
by peke001 | 2012-04-30 09:13

桜と苺 

桜だよりも大分北のほうから聞こえるようになった

そろそろ青森でしょうか、

関東では芝桜が見ごろになっているのではないだろうか


ペケチャリでぶらり・・・


ある農家の垣根前に見事な花をつけていた

まるで絨毯を敷き詰めたよう。
e0175614_13554345.jpg



国道沿いの植え込みの中から白い花が顔を見せていた
e0175614_1356723.jpg

その名は「クサイチゴ」

草のように見えるが、実際は木であると解説されていた。
by peke001 | 2012-04-29 13:58

ハナミズキ

今日からゴールデンウイーク

働く者にとっては、お正月とお盆に次ぐ待ちに待った連休でしょう

街路樹のハナミズキが一斉に咲きだした。

藤の花で知られる近場の神社にペケチャリで出かけた

神社には広場があり、そこに数本のハナミズキが花をつけ出した

こどもを遊ばせるには安全な広場だ。

e0175614_19235117.jpg
写真クリックで拡大します

e0175614_16494388.jpg
e0175614_16495450.jpg
e0175614_16501252.jpg



参道わきの石垣のツツジも咲き始めていた
e0175614_16502020.jpg

by peke001 | 2012-04-28 16:50

純白なナシの花


梨の産地は千葉県、茨城県が1,2と言われ

鳥取県は第三位で二十世紀梨で良く知られている。

お隣の埼玉県も両県に接する東部地区では梨農家も多い

関東では幸水・豊水が主体だ


川沿いに春を捜しに、ペケチャリでぶらり・・・・

一角に囲われた梨棚が白い花をいっぱいに付けていた

梨は、果実は誰でも知るところだが・・・・花はあまり目にしない

バラ科の植物で、白い花がとても綺麗だ
e0175614_1025542.jpg
e0175614_103041.jpg
e0175614_103623.jpg



そろそろ、受粉の時期らしい

夏過ぎには大きな実が生ることでしょう
by peke001 | 2012-04-27 15:01

ペケチャリ

10キロほどペケチャリで時々ドライブ???
往復だと20キロになる。
ドライブとは普通言わないだろうが・・・・
健康のために、平坦な道路は自分の足で、
坂道になるとエンジン?をかけてアシストを使う。
それでも結構運動になりますよ。

隣町(春日部市・庄和)の図書館に出かけたのです。
図書館で本とCDを借りるのが目的だが、
隣接の大きな公園に春を捜すのももう一つの目的でした。

自転車での移動は車と違って、目にするものをゆっくり詳しく観察できる
また、徒歩とは違ってその範囲も大きくなりますね。



e0175614_16422930.jpgCDを二枚、本を三冊借りてきました。

その一冊、小杉健治 父からの手紙 を読み始めた
小杉健治の作品では『残照』が面白かったのでついつい借りてみたのだが、これが意外に面白そう。

 失踪した父から誕生日のたびに途絶えることなく送られてくる手紙、
 そこに隠された意外 な真相、そして家族の絆。といったようなサスペンス調。







隣接する公園ではお年寄りがゲートボールに興じていたが、

ペケちゃんにはもう少し先のことか・・・

緑の色を増してきた足元を見ながらしばらく散策

名も知らぬ草花に春を感じてきました。

e0175614_16431612.jpg
雑草の中に小さな小さな花が・・・ムラサキサギゴケ

e0175614_16433227.jpg
ぶどうの房のような花を林立させたルリムスカリ、一面に咲くハナ二ラとタンポポ。
by peke001 | 2012-04-26 16:56

あっ カメラが無い

田中正造の眠るお寺「雲竜寺」は

川俣事件の押し出し(政府への請願)の時に

決起として地元農民が集結したところでした。

東京まで約80km 徒歩で出発した農民たちが

利根川の手前、川俣(現明和町)まで来たところで

警官と衝突し流血の惨事となり、多くの農民が逮捕された。

現在はそこに大きな石碑が建てられている。
e0175614_1934327.jpg



利根川、渡良瀬川の合流に近いこのあたりは

川魚を食する事が多い。

大分前になるが、コイヘルペス病の発生で、首都圏では

鯉のあらいがほとんど消えてしまった。


このあと、少し足をのばして

川魚を養殖・調理している店に立ち寄った、

おもての生簀では鯉が元気に泳いでいる、

そこで、鯉一本(鯉の場合一匹とは言わないらしい)をさばいていただく。

珍しいので後ろから数枚写真を撮らせていただいた。
e0175614_194733.jpg
e0175614_1941287.jpg



さあ、あとは家に戻って、味噌だれで鯉の洗いを肴にして一杯・・・

家に戻り、落ち着いた時、さて、今日の写真は・・・・と

あれっ カメラが無い????

さっきのお店のカウンターの脇に確かに置いた。

そのまま帰ってきてしまったのだ。

あわてて、お店に電話したら、・・・カメラでしょう、預かっています。 と

いまではわが分身のようなカメラ、撮った写真もすぐ欲しい・・・

また車を出す羽目に、

その為に高速料金を払うのも馬鹿らしいと、下を走って往復三時間半・・・・

とんだ 鯉のあらい でした

そして、ビールを飲む頃には2往復のことは忘れて箸をつけていました。
by peke001 | 2012-04-25 19:05

田中正造・・・雲竜寺

川の流れが県境や市町村の境になることが多い

群馬県と栃木県の間を流れる渡良瀬川

日光・足尾を源流のこの川は桐生・大田と流れ茨城県の古河市で利根川に合流している。

ほとんどが群馬、栃木の境になっている。

ただ一か所、ほんの僅かに川の北側に群馬県が張り出しているところ

そこに雲竜寺がある。

公害の原点ともいわれる足尾鉱毒事件をご存知の方も多いと思う。

このお寺を訪れるのも今回で三度目になるが、その時々で

受ける感慨深さも変化してきた。

ましてや、昨年の福島の事故とダブる思いに複雑だ。

e0175614_15465536.jpg
e0175614_1547541.jpg
e0175614_15471216.jpg


このお寺が田中正造翁の終焉の地、となっており、

翁の分骨墓地がある。・・・・墓地は6ヵ所に葬られている


明治33(1900)年の川俣事件のとき、鉱毒被害民はここに集結して請願のため、

東京への大押出し(一大請願行進)を繰り出したのだった。


雲龍寺の門を入って左手にある「足尾鉱毒事件被告の碑」には、

正造の歌「毒流すわるさ止めずバ我やまず渡良瀬利根に地を流すとも」と詠まれている。
e0175614_1547234.jpg


その裏には被告となった人たちの名前が・・・
e0175614_15473284.jpg

by peke001 | 2012-04-24 16:43

公園が赤く染まる


ソメイヨシノの花も通り過ぎた。

近所の公園では、遅咲きの桜が夕陽を受けながら

仲良しを包んでいた。
e0175614_9404048.jpg
e0175614_940468.jpg
e0175614_9405117.jpg
e0175614_9405664.jpg

by peke001 | 2012-04-23 09:42

ハナミズキ

桜前線も盛岡あたり北上中
関東では、その花もほとんど散り
八重の遅咲きがなんとか頑張ってくれている。

桜に代わってこのあと町を彩るのはハナミズきではないでしょうか。

桜とハナミズキの縁は良く語られていますね
現在では世界的に有名な桜の名所の1つになっているアメリカ合衆国の
首都ワシントンDCにあるポトマック河畔の桜並木は,1912年(明治45年)
に時の東京市長,尾崎行雄がタフト第27代アメリカ大統領夫人のヘレン・
タフトさん達の要望で贈った3,000本の桜の苗木がもとになっている。

あれから今年は100年に当たり、記念の年でした。
この桜の返礼として1915年大正4年)にアメリカ農務省のスイングル博士
が代表になって、白花種のハナミズキの苗40 本を持って来日した。

その後各地に広がり最近では街路樹として町を彩っている。
(ハナミズキの花言葉は『返礼』)

そのハナミズキも白や赤の小さな花をつけ出した。
e0175614_12185283.jpg
e0175614_12185794.jpg

by peke001 | 2012-04-22 12:19

ヤマブキ

「気品」「崇高」「待ちかねる」

緑色の葉と山吹色の花。

しっとりとした春を演出してくれるヤマブキ

近所の神社の境内で咲いていた

西日の当らない適湿地を好むという。


ヤマブキに関しての解説は・・・

今朝のヒューマンさんの記事にお任せしましょう

e0175614_8364558.jpg
e0175614_8365189.jpg
e0175614_8365812.jpg
e0175614_837361.jpg


                       ヒューマンさん便乗させていただきました・・・・
by peke001 | 2012-04-21 08:42