ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
クラカメおじさんの気まぐれ写真
風来坊の「徒然なるままに...
やま悠作 日々雑感
晴チャリ雨読
じょんのび
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

箙の梅

数日前にヒューマンさんが紅白の梅の花を紹介していた

一つの枝から白と赤の花が咲く『源平梅』でした。


当方にもありました。紅白の梅が
e0175614_12223067.jpg
クリックで拡大


古い名板がぶら下がっていた。

『箙(えびら)の梅』

その裏には『源氏方の梶原景 ・ が紅白の梅の枝を ・ ・ 箙に挿 ・ ・ ・。』

と書かれていたが、

これ以上判読できなかった。
e0175614_12132356.jpg


箙の梅について

    寿永3年(1184)の源平生田の森の合戦で、

   梶原景季(かじわらかげすえ)が赤と白の梅枝を箙に差して戦った故事

   神戸の生田神社に遺跡があり、能や浄瑠璃の題材となった。

とあるので、ここから名前がついたようだ。
e0175614_1214320.jpg
e0175614_12141617.jpg

ちなみに『箙(えびら)』とは・・・・ 矢を入れて肩や腰に掛け、携帯する容器のこと。


この梅は幹の途中から分かれた枝で紅白に分かれていた。

まるで継ぎ木をしたような感じでした。
e0175614_12143690.jpg
幹が二つに分かれ、左の枝がが白い花、右上に伸びている枝には赤い花が付いている
[PR]
by peke001 | 2012-03-31 12:24

満開です

今年は高知市からスタートした桜前線
大分北上が進んできたようだ、
東京は今日30日に到達予定とか。
スタート地点の高知ではすでに満開との情報も・・・

関東地方のど真中を自称するペケちゃんの町では
ようやく満開です。
こちらは梅の話です。

何度かご覧いただきましたが、もう少し見ていただきましょう。
e0175614_753792.jpg
e0175614_7531432.jpg
e0175614_7532251.jpg
e0175614_7532829.jpg
e0175614_7533487.jpg
e0175614_7534072.jpg
e0175614_7534745.jpg
e0175614_7535611.jpg
e0175614_754832.jpg
e0175614_754132.jpg

[PR]
by peke001 | 2012-03-30 07:57

火事だ!

電話が鳴る

また、どうせセールスだろう・・・

と思いながら、出てみると

「もしもし 大変 ペケちゃんの家の近くで火事です」

「エッ!」

驚いて玄関のドアを開けると、目の前に煙がもうもうとたちこめている。

e0175614_12271312.jpg
e0175614_12273770.jpg
e0175614_12275755.jpg
e0175614_12281570.jpg
e0175614_12283240.jpg
e0175614_12291818.jpg
ペケちゃん住むマンションの消防水利も活躍

該当のお宅は全焼してしまったが、類焼は無く死傷者も出なかったのはよかった。


e0175614_12293626.jpg
クリック拡大
[PR]
by peke001 | 2012-03-29 12:39

天体ショー 2

昨夜のリベンジです

投稿五分前の西の空です

e0175614_18405946.jpg


位置関係は昨夜とそれほど変わってはいませんね、肉眼で見ても月の表情は少し変化があります。

写真は一番上が 月  その下が明るい 金星  そしてかすかに見える 木星 です。
[PR]
by peke001 | 2012-03-28 18:41

これも天体ショー

25日の夕刻、帰宅の時に西の空に目を

月が煌々と輝いていた、それは三日月よりも細い上弦の月。

空気がきれいなんだなー と思いながら眺めていると

その下に二つの星が見える、それも通常以上に明るい

冬の名残が残るこの時期で、まだ空気が澄んでいるのだろう。


26日の朝のTVでこのことを話していた

26日は上から金星・月・木星と一直線に並ぶという

これも一つの天体ショーだ。

昨晩、そのことを思い出し、夜空を見上げてみた

時刻は19時15分

位置は違うがそれぞれを確認

カメラを向けるも範囲が大きく上手くは撮れなかった。

上から月・金星・木星
e0175614_7452112.jpg
画面下の光の帯は東武スカイツリーラインの特急電車です。
(東京スカイツリー完成で、このような呼称となりました)
[PR]
by peke001 | 2012-03-28 07:53

「ママ― へんなカエルがいるよー!」

上野公園の入り口に「公園前交番」がある。

この交番のうしろに一本の桜の木

この桜は、上野公園で一番最初に花をつける

園内のソメイヨシノはまだ蕾も固く、見ごろになるにはもう少し時間が必要だ。

23日の集いの前に、立ち寄ってみた。

あれから4日、この桜は今頃は満開かもしれない。

e0175614_7503295.jpg


その桜から少し公園に入ると噴水があった

「ママ― へんなカエルがいるよー!」

可愛い声が聞こえた。
e0175614_7505844.jpg


ここ数日、花粉の飛散が多いというおまわりさんもマスクをして・・・・ごくろうさんです。
e0175614_7545040.jpg

[PR]
by peke001 | 2012-03-27 07:58

ミュージックフェスティバル in こしがや

e0175614_14543562.jpg
何度か 平日のランチタイムに開催された小さなコンサートを紹介した

市民会館のロビーを使った「ロビーコンサート」。

音楽を通して町おこしを・・・と活動している若手音楽グループ

こしがや「まちかどに音楽を!」プロジェクトの皆さんです。


今回は学校吹奏楽部、市音楽団、若い人たちの演奏、

加えて、上記コンサートのメンバーで超ロングのコンサートが開かれた。

  「ミュージックフェスティバル in こしがや 2012」        


11時開始して・・・終了は19時20分 長い長いコンサートでした。

入場者はネックホルダーをつけ出入り自由でした。

所用があり、後半だけの参加でしたが、

レベル的にも高く、十分に楽しめました。

e0175614_14554710.jpg
e0175614_14555811.jpg
e0175614_1456886.jpg
e0175614_1456174.jpg

[PR]
by peke001 | 2012-03-26 14:45

いい色の原点を訪ねて

印刷博物館見学&体験

2005年11月にサービスが開始された Re:Log から6年以上の年月が経った

「リログ」から「いい色」へマイナーチェンジしたが、昨年まで大人のブログとして

楽しみながら参加してきた。

しかし、昨年の夏にサービスが終了し、我々メンバーは右往左往

それぞれに別のサイトに移り、何とかブログ生活を楽しんでいる。

とは言え、なかなか新しい世界での仲間は出来にくい

結局は、いい色時代のメンバー同士の交流が主体となっている。

今回、三面相さんが東京に来られるとの事で、急遽企画した

ミニミニオフ会でした。

そこで、リログ・いい色が出会いのこともあり、運営されていた

凸版印刷を見てもらおうと、印刷博物館の見学を企画した次第です。

e0175614_131574.jpg
                    博物館入口のオブジェ
e0175614_1322828.jpg
                     プロローグ展示ゾーン
e0175614_1341588.jpg
                        企画展示ゾーン

印刷の世界は大きく変化し、我々が社会人になった頃の工程はほとんどなくなってしまっています。
それでも、印刷の原点として多少なりとも参考になったのではないかと思う。
場所は、凸版印刷小石川ビルの中にあり、音響では定評のある「トッパンホール」と同じ建物です。
まず、プロローグとして情報の記録手段から印刷の発展を40メートルの壁面をつかって紹介している。

岩などへの記録-印刷の黎明期-活字の登場-図版・写真の登場-動力による印刷-デジタル化
といった流れを印刷博物館の学芸員の説明を受けつつ見学。

印刷技術を実際に体験してもらおうと「印刷工房」で体験学習。
活版印体験でした。

原稿作成-文選-植字-組みつけ-紙選び-印刷

e0175614_139426.jpg
   普段掛けたこともないエプロンをつけ、カメラも忘れずに・・・

e0175614_1392348.jpg
   もう職人そのもの
e0175614_1394967.jpg
   時には少しお手伝いも・・・わざと手伝ってもらったのかな?
e0175614_13104486.jpg
   上手く出来たかなー

e0175614_1311252.jpg
      この写真をブログに・・・


e0175614_13115581.jpg
    カフェで・・・お疲れ様

さて、ぺけちゃんの作品は
みなさんをお迎えしての気持ちを込めて・・・
e0175614_13122155.jpg

       一番右のリボンの無い栞は誤植でした お粗末。  (○ ペケ→× ペゲ)


印刷博物館見学記でした。 皆さんご苦労様でした。
[PR]
by peke001 | 2012-03-25 13:29

上野の茶室でミニオフ会

上野公園のほぼ中央に和を極めた食事処がある。

小雨煙る上野公園は、桜の蕾もまだ硬く、行き交う人も少ない。

この日のミニオフ会のメインの昼食です。


狭い廊下を案内されて小さな入り口から部屋へ

入り口の大きさはは60センチほど、

入った部屋は・・・四畳半。

二段になった格子のついた窓の外には小さな和風坪庭がみえる。

そうです茶室風に造られた、個室でした。

二時間前に顔を合わせたメンバーも、数年来の友の感じ。

それからの、時間はとても早かった。

昼間のビールもまた格別。

e0175614_82248.jpg
e0175614_8221065.jpg
e0175614_8221732.jpg



調べてみると、この小さな入り口を「躙口(にじりぐち)」といい、
狭い四畳半は茶室の決まった広さだと言う。
「にじる」というのは両拳をついて膝で進むような動き方のこと、
躙口を通る時には文字通りそういう格好になる。
武士は刀を差したままでは入りにくくなっている。

ご一緒くださったヒューマンさん、三面相さん、imaipoさん、ありがとうございました。
[PR]
by peke001 | 2012-03-24 08:23

一本の木

一本のお気に入りの枝垂れ

昨日は裏側から見ていただいた

今度は表の素顔を見ていただこう。

e0175614_7443321.jpg
e0175614_7444025.jpg
e0175614_7444819.jpg
e0175614_7445361.jpg
e0175614_74564.jpg
e0175614_7451229.jpg

[PR]
by peke001 | 2012-03-23 07:46