ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

秋色の中を二人で

  茨城県野田市・清水公園

あたたかな昼下がり、紅葉を求めて出かけました

そこには穏やかな時間が流れていた 
 

e0175614_19203194.jpg
e0175614_19204148.jpg
e0175614_1921339.jpg

by peke001 | 2011-11-30 19:21

講演会  東日本大震災を踏まえて 

今年の春に「巨大地震発生に対応するには」といった講演会が予定されていた。

しかし、3月11日の「東北地方太平洋沖地震」の発生とそれに伴う

「東日本大震災」と「福島原発事故」により、日本はパニック状態に・・・

当初予定の講演も必然的に中止となってしまった。

今回、市の教育委員会の生涯学習で行なっている、

市民大学で特別講座として取り上げることになり

その講座が、本日開催された。

講師は

  東京大学教授 目黒 公郎先生

テーマは

  東日本大震災を踏まえて 


内容は これまで何度もテレビ等マスコミで知らされた事だけではなく

色々な角度から見た被害、その対応など・・・

また、阪神淡路大震災の細かなデータによる解説なども加えてわかりやすく紹介してくれた。

環太平洋地震帯にある日本列島、プレートに沈みで地震が起きると誰でもが何となく理解している・・・が

厳密に年間何ミリ沈んでいて、それは何ミリまで耐えられるのか?・・・

その事を曲がりなりにも理解すると・・・・最近また多発している地震も・・・・・・・。


地震は起きるべくして起きる

被災者に対して様々な支援をする、現在はその事が最重要とされている。

その額は膨大な金額になる。

その額を、被災が起こらないような耐震や防災に充てていれば

結果的には、もっと少ない額で賄えるのかもしれない。

とはいっても、災害はそれだけではないのだが・・・・・


色々と考えさせられるセミナーでした。

                       今回は撮影禁止でしたので写真はありません
by peke001 | 2011-11-22 20:13

商品券で新車購入

全国各地でプレミアム付き商品券の発行が相次いでいる。

これは購入額に上乗せした金額分を、地域限定で利用できる商品券のことだ。

わが町でも今月に入って売り出された。

商品券の綴り一冊が一万円。この綴りには一万一千円分の券が綴じられている。

購入は十冊までとの制限がある。

使用期限は二月末まで、使用できるのは地元の取扱店だけとの制約があるが・・・

近年、商品券の認知度も上がり、また、取扱店も増加した事もあり人気は上々。

e0175614_12522916.jpg


今回は新車の購入に充てようと、発売初日の朝出かけて何とか10冊購入できた。

そして、早速注文して納車待ちでした。

第二の愛車を手にする事が出来ました・・・・・。


e0175614_1253412.jpg

これは電動アシスト自転車です

バイクを処分し、ここれまでの自転車も古くなり重く感じて来たので

新車購入となった次第です。

自転車だって新しければ新車ですよね。


どうせならばもう少し商品券を買いたいと思ったが、

ことしは発売二日で売り切れたとの事でした。
by peke001 | 2011-11-20 12:54

音楽は、なぜ 心に響く

東日本大震災の発生と原発事故により

多くの方が被災し、また避難を余儀なくされました。

その方々に対し、援助・支援の動きが各方面から寄せられていますが

あまりにもの大災害、大事故のため満足できる対応が出来ていません。

最近では行政はともかく政府の対応も建前ばかりが目立つようです。


被災者のために立ち上ったボランティアや芸能人による復興支援のコンサート

などは特にスタートが早かったようです。

特に音楽や笑いが大きな力を与えてくれたように思えます。

音楽を通して慰め、励まし、希望を持たせる、なんと素晴らしい事か。

自身でも、長い入院生活を経験して、これまで音楽により元気づけられてきた

そんな経験から・・・・・

この目には見えない「音楽」をテーマにした講座を行おう  と

今秋の講座のテーマとして提案してしました。

こしがや市民大学 秋季講座として採用され

その講座が本日行われました。

講師は 日本音楽療法学会常任理事・藤本聆子先生

講演のテーマは「音楽はなぜ心に響く!」

内容的には音楽療法をメインに置いた話であったが

優しい語り口で音楽による心理的な動きや

障害者や、高齢者に対しての効果などをわかりやすく話していただき

130名の受講生たちは真剣に聞き入っていました。

e0175614_1952646.jpg
e0175614_1953290.jpg


講座終了後、講師の先生と会議室でお昼を一緒にする事が出来た。

しばらく音楽と音楽療法の現状、そして日本の音楽療法に対しての取り組み等々

掘り下げたお話しを聴く貴重な時間を持てた

by peke001 | 2011-11-18 19:12

地下神殿の上では

 国道16号下の「首都圏外郭放水路」をご紹介しましたが

当日は「彩龍の川まつり」としてイベントが開催されていた

また、

同時に「カバ市」との名前で様々な品物を売るお店が出ていた。


お祭りのほうは、地元や近隣の皆さんによる

よさこい をイメージした踊りが紹介されていた。

結構年配の方も参加されていていました。

三脚を用意していませんでしたが、アニメにしてみました。
 


e0175614_19191634.gif

by peke001 | 2011-11-17 19:21

古河歴史博物館

足利学校と古河歴史博物館 2


足利学校と鑁阿寺を雨の中の見学でした。

それでも、個人で訪れる時は出来ないような体験をして

なんとなく満足げな皆さんでした。

お昼を済ませて、学習地は茨城県古河市に移動です。

古河市は坂東太郎と言われる利根川と日光・足尾を源流とする渡良瀬川の合流地点で

幾度となく川の氾濫の水害や、足尾からの公害に悩まされた土地です。

城下町であった古河市もその氾濫等による河川改修でお城の本丸や遺跡は

ほとんど現存していません。

しかし、その古河城の出城のあったところに古河歴史博物館が造られています。

今回はこの博物館が第二の見学地でした。

ここには江戸後期、古河藩家老の鷹見泉石の残した資料や地元ゆかりの歴史人の

書画などが展示されています。

e0175614_1940116.jpg


e0175614_19405050.jpg


ホールにはオランダの楽器ストリートオルガンが展示されており、

係の女性が演奏してくれました。

このストリートオルガンは ハンドルを手動で回して風を送り込むパイプオルガンとでもいいましょうか、昔ヨーロッパの街頭などで演奏されていたといいます、それはもっと小型のものですが・・・

今回期間限定で戦後にGHQに接収された日本刀が数多く展示されていました。

e0175614_19411637.jpg
e0175614_19412392.jpg
e0175614_19413061.jpg

by peke001 | 2011-11-14 19:47

地下神殿

関東地方の首都圏をぐるりと回る環状道路国道16号は重要な幹線道路です。

隣町春日部市を通る部分の道路の直下に巨大なトンネルがあるのをご存知でしょうか。

深さは50m長さは6.3km、内径は10m と巨大なものです。

昭和22年には利根川の氾濫で関東地方広範囲に水没した事がありこの近辺でもその

被害にあったと記されています。

利根川だけでなく江戸川や中川、古利根川など川の多い地域のため、

河川の増水時の対策が必要でした。

14年の工期で2006年に完成したのが、この巨大な地下トンネルです。

その名は「首都圏外郭放水路」です。

洪水を防ぐため流量容量を超えた水を貯留し、そして江戸川に排水する。

地下河川であると同時に巨大な洪水調節池としての機能がありこの放水路の開通で、

洪水被害も減少しているという。

この地下トンネルから流れ込む水の勢いを調整するための調圧水槽は、長さ177m、

幅78mの広さがあり、59本の巨大なコンクリート柱が林立している。

洪水防止のみを目的とすることから、通常時は水を取り込まず空堀状態で、

人も立ち入る事が可能な巨大な地下空間となっている。

12日はここの特別見学会が催された。 (写真はクリック拡大)
e0175614_12562381.jpg
地下へ長い階段を下りていきます。

e0175614_12582831.jpg
e0175614_12583526.jpg
e0175614_12584253.jpg
e0175614_12585120.jpg


案内書にはこのように書かれている。

地下神殿を思わせる壮大な空間美とその鼓動を全身で感じてみませんか・・・

まさに、その鼓動を肌で感じてきました。

この「首都圏外郭放水路」の完成により、台風などによる大洪水の発生にも東京をはじめ

関東の平野部を災害から守ると言われています。

これだけ大きな放水路は世界最大級のようです。

by peke001 | 2011-11-13 13:10

足利学校


足利学校と古河歴史博物館  1

前日までのお天気が嘘のよう

出かけようとする頃からぽつぽつと降り出した

昨日2011年11月11日は 市民大学の館外学習としてバスでの旅でした

バス二台で総勢70名、足利と古河をまわる勉強会です。

企画運営委員としてバスの案内役として活躍?・・・したのかな?

足利に向かう車中では足利についての歴史や足利学校の説明を

事前レクチャーしながら進めた

足利についても雨はシトシトといった状態

e0175614_1015449.jpg
e0175614_102416.jpg


今回は「論語の素読(そどく)体験」を行いました。
e0175614_101328.jpg


数年前に“論語教室で、孔子の教えに浸る”とのタイトルで「日経おとなのOFF」で

紹介されて、素読体験の人気が上がっているようです。

これは、簡単に言うと・・・論語をみんなで大きな声を出して読む勉強会のようなものです。

特別に、一番広い部屋でその勉強会がはじまりました。

e0175614_1035546.jpg
e0175614_1041330.jpg
e0175614_1082191.jpg
e0175614_1043461.jpg



先生が小節を読み上げ、それに続いてみんなで声を合わせて・・・・


このようにしてみなさん鎌倉時代の学徒にタイムスリップしていました。

そして、この時時計をみると・・・・

11年11月11日11時11分11秒 でした。 (笑)


そのあとは足利氏の氏寺、「鑁阿寺(ばんなじ)」をまわりましたが

雨の中、傘の移動でしたので早々にお昼の場所に移動・・・。
                                           つづく

by peke001 | 2011-11-12 10:21

日本最古の学校に行ってきます

わが町の市民大学 年々その認知度も上がり参加希望者も増えています

定年退職した高齢者が多くなったからだけではないと思われ

生涯学習に対しての理解が深まってきた事と、

各人の意識の向上ではないでしょうか。

市の市民大学の企画運営委員のお手伝いをさせていただき二年目になりました。

この秋の講座は6回。

これまで 「安心安全な市の街づくり」、「わが町の歴史」、「現代中国と日本」

と三講座を行いました。

そして、4回目の講座は今日なんです。

今日の講座は館外学習としてバスで出かけます

昨年は 印刷博物館と科学技術館 でした(記事をご覧いただいた方もおられると思います)

今回は 栃木県の足利市 日本最古の学校-足利学校 と

茨城県古河市(ふるかわではなくこがです) の古河歴史博物館をまわってきます。


e0175614_19483319.jpg
        こうしてわれわれを迎える準備怠りません・・・・7月の事前調査でのスナップから

外は今にも雨が降りそうなお天気ですが・・・・

バス二台総勢70名のおじさんおばさんのちょっとした旅行です。



それでは行ってきます。

 

by peke001 | 2011-11-11 06:58

最寄駅のコンコースで

  小さな子どもたちが大きな声で  

e0175614_133198.jpg


 「戸締り用心 火の用心!」 
by peke001 | 2011-11-10 13:05