ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
クラカメおじさんの気まぐれ写真
風来坊の「徒然なるままに...
やま悠作 日々雑感
晴チャリ雨読
じょんのび
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


私の城下町

代官町、木挽町、材木町、大工町、鞘町、鍛冶町、裏宿、連雀町、紺屋町、目車町、鷹匠町、大名小路、
これは館林市の旧町名です
現在はなんとも味気ない名称に変わっていますが・・・
そうなんです、館林はお城のあった城下町でした。

街の中を歩くと時々往時の面影を目にすることがある。
駅前をしばらく歩くと、右側に小学校が・・・
e0175614_12125779.jpg

この学校はペケちゃんが通った学校でした
この学校の向かいにあるおたくは、
美智子皇后のお育ちになった正田邸です。
e0175614_12141637.jpg

このあたりを旧町名では鷹匠町と言い
その表示板が設置されていた。
e0175614_12144877.jpg

そこに歴史的な建物があったので覗いてみる
鷹匠町武家屋敷「武鷹館」(たかじょうまち ぶけやしき「ぶようかん」)

この周辺は、江戸時代に「鷹匠町」と呼ばれ、館林城の侍町の一角にあたり、当時は中級の武士たちが住んでいた地域で、今も残る屋敷割や屋敷構、土塀や屋敷門、庭木などに、武家屋敷街の雰囲気をよく伝えています。
「旧館林藩士住宅」の移築に合わせ、 もとからこの敷地にあった「長屋門」や「附属住宅」を修復するとともに、 屋敷門や塀などを整備して、当時の鷹匠町の武家屋敷街の雰囲気や景観を創出、 敷地の愛称を「武鷹館」としました。
(パンフレットから引用)
e0175614_12153226.jpg

e0175614_12154261.jpg
e0175614_12155273.jpg
e0175614_1216166.jpg

[PR]
by peke001 | 2015-05-19 12:26
<< 路傍の花を描いて 田中正造記念館 >>