ジャンルにとらわれず写真を主体に発信したい
by peke001
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
フォロー中のブログ
クラカメおじさんの気まぐれ写真
風来坊の「徒然なるままに...
やま悠作 日々雑感
晴チャリ雨読
じょんのび
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蛍の碑

さいたま市の大宮第二公園に大きな石碑があった

それには「蛍の碑」と刻まれている

明治維新後昭和のはじめごろまでを「旧幕時代」呼んだようだ

この頃はまだ江戸時代に生まれたお年寄りがたくさんいて

江戸時代はそれほど遠い昔ではない・・・という事から

「旧幕時代」と呼んで、懐かしんだようだ。

当時は蛍が飛び交っていたのでしょう

e0175614_15322554.jpg
e0175614_15323654.jpg


石碑の脇に解説板があった

その蛍は大きく『見沼源氏蛍』といわれ、ここが発祥の地だという


見沼源氏蛍発生の地
大宮の蛍狩りは渓斎英泉の版画にも刻まれ、見沼畔が旧幕時代にすでに江戸近郊の蛍の名所として著名であったことを記している。
明治26年、宮中への蛍献上が始まり、それは大宮の初夏を彩る恒例の行事となった。当時の歌謡には「篭に納めて九重の大内山に奉る」と謡われている。虚子編の歳時記にも「武蔵大宮は蛍の名所云々」とある。
昭和7年6月、上流は土呂の御嶽東から、下流は天沼の字浅間までの間が、史蹟名勝天然記念物保存法第1条の適用によって保護地区に指定された。
しかし、第二次世界大戦後、農薬等の普及によって可憐な蛍はその光を消した。鹿島橋畔にあった源氏蛍発祥地の碑も、道路拡張によって撤去され、今はない。
今、この由緒ある蛍の名所が、歴史の中に埋没することを惜しみ、環境浄化によって、再び豊潤な自然が甦ることを悲願して、ここに新しい碑を建てる。
永く後世にこれを語り伝えたい。
昭和54年10月
大宮市教育長 中藤喜八郎書
大宮ライオンズクラブ認証10周年記念
寄贈:大宮北ライオンズクラブ・大宮見沼ライオンズクラブ


その蛍も、現在では見ることも出来ないが・・・
by peke001 | 2012-03-12 15:33
<< 左向けーーーー左 春の色が見えてきた >>